1月30日(水) 栃木県農業大学校にて研修会を実施しました

1月30日(水) 栃木県農業大学校様にて、農業用ドローンについての研修会を行いました。

日本国内の農業において農業従事者の減少と高齢化が問題となっています。その解決策として、農業用ドローンを運用することにより作業効率化・作業負担の軽減、人手不足の解消などが期待されています。
この度、じんざいドローンスクールは、農村の青年等を対象に実践教育と研修を行う『栃木県農業大学校』様にて、農業用ドローンの機能や使用方法の説明、ドローンによる農薬散布操作の模擬体験などと行いました。

農業用ドローンを体験した学生・研修生の皆様から「機械操作の苦手な私でも、思っていたよりも簡単に操作できた」などの感想があがりました。

今後も、県内の教育機関を中心に、農業用ドローンの体験会・研修会を開催する予定です。