技能教習登録教習機関としての実績

私たち「じんざい教習所」は、栃木県に13登録されている『技能教習登録教習機関』の一つとして、2006年2月の設立以来、フォークリフトやクレーン、玉掛け、ガス溶接等、労働安全衛生法第61条にて定められている免許取得のための各種技能教習・特別教習、さらには安全教育といった人財教育訓練事業を行なっています。
近年では安全面軽視による労災事故が増加していることもあり、企業の危機管理研修の一環として「安全体感教室」を行うなど、ただ免許を取得するだけでなく、さらに一歩踏み込んだ教習も行なっております。

ドローン操縦人財を育てる

今後、全ての産業分野でドローンが活用されることが予想されています。
しかし、使用される場面が増えるにとともに、事故の件数も増えていることから、急速な法整備が進められており、全てのドローン操縦者は操縦技術だけでなく、法律の知識やマナーを備える必要があります。
私たち「じんざい教習所」の運営する『じんざいドローンスクール』では、産業用途向けのドローン技能教習を開設し、ドローンを安全に運用できる人財を育てるために、技術だけでなく、構造や理論・法令・気象・電波について学べるカリキュラムを用意しております。

当校の特徴

学科

ドローンに初めて触れる方でも深く理解していただくために、ドローンの構造から、ドローンを安全に飛ばすための気象知識、関係法令、飛行時の障害となりうる電波についてなど、専用のテキストを用いて、丁寧にお教えいたします。

使用機体

実技教習に用いる機体は、世界で7割以上のシェアを誇る世界最大手:DJI社製のドローンを使用。実務で運用する際に、教習で学んだ内容をそのまま活かすことが可能です。
もちろん、DJI認定の資格取得も可能。実践ですぐに役に立つ操縦技術を身につけることができます。

DJI CAMPについて

提携機関

教習は、ドローンを熟知した(株)NSi真岡の「DJI認定インストラクター」が担当。調査や空撮など、全国から依頼が殺到する超一流のドローン操縦士が、基本的な操縦技術だけでなく、実例を交えた実践的な指導を受けることができます。

提携機関